これが基本!円高と円安のメリット・デメリット

円高のメリットとデメリットとは

円がある外貨に対して高くなるということは、自分が持っている円で、外国の物やサービスが安く買えるということです。身近なところでいうと、海外から輸入される食品や製品が円高になると円安のときよりも安く買うことが可能になります。また、海外旅行に行くときや、海外留学をするときも円高のときにはメリットとなります。外貨預金も円高のときに外貨に換えておくと良いです。 円高のデメリットとしては、その反対のことが起こりますので、日本から外国へ商品を輸出するときには割高となってしまいますので、輸出に依存している企業や産業には不利に働くことになります。個人的には歓迎すべき円高ではありますが、輸出の比率が高い企業にとってはデメリットになることがあります。

円安のメリットとデメリットとは

円がある外貨に対して安くなるということは、日本から商品や製品を輸出する企業にとっては有利に働きますので、そのような業界は業績が良くなる傾向にあります。また、円安でメリットを享受できるのは海外から日本へ来る旅行者です。日本に旅行に来た外国人を受け入れるホテルや旅館、お店などにとっても売上げが上がりますのでメリットとなります。外貨預金は外貨から日本円に換えるチャンスとなります。 反面、円安になると自分が持っている円で外国の物やサービスを買うときに、円高時に比べると割高になります。海外から輸入される食品や製品が高くなってしまいます。また、日本から海外旅行や海外留学を検討するときにも円安時にはデメリットとなり得ます。